• 昇温・冷却が速く繰り返し測定が簡単迅速に行えます。
  • カバーグラス法、キャピラリー法の測定が行えます。
  • 昇華性の試料の測定が行えます。
  • 小型、軽量、コンパクトです。

【MP-S3の特徴】
*温度読み取りが正確に行えます。
*溶融確認と温度読み取りが同時に行えます。
*顕微鏡と偏光フィルターとの組み合わせにより、偏光顕微鏡と なり、結晶および液晶の測定ができます。

【MP-J3の特徴】
MP-S3型から60倍顕微鏡と偏光フィルターを除き、10倍拡大鏡で観察するもので、その他の規格、性能等はMP-S3とまったく変わりません。

【MP-500Pの特徴】
デジタルプログラム温度調節器を取り付け昇温を自動化、デジタル表示で更に使い 易くした装置です。
* 融点測定範囲が広い(40~500℃)
*精度の高い温度センサーを採用しています。(少数点1桁まで表示)
*昇温がプログラムできます。(1パターン 3ステップ)
*昇温中の温度を2点メモリーできます。(溶け始め,溶け終わり)
*顕微鏡と偏光フィルターの組み合わせにより、偏光顕微鏡となり結晶および液晶の測定ができます。

【MP-1000の特徴】
MP-1000は、従来のシステムとは異なり、試料の溶融状態をCCDカメラからの映像で観察できる装置で、温度、昇温時間等もパソコン上で操作できます。また、画像と温度の取り込み、試料名等の書き込みもでき、録画再生も可能ですので、試験データの保管、整理にも大変便利です。
*昇温プログラムが可能
*昇温中の測定温度表示がホールド(2点)できるので融け始め融け終わりの温度を個別に知ることができます。
*設定温度範囲が広い(40℃〜500℃)
*昇温、冷却が早く、短時間で繰り返し測定可能
*カバーグラス法、キャピラリー法の測定が可能
*偏光フィルタとの組合せにより結晶・液晶の測定が可能

【MP-500MDの特徴】
MP-500Pを更にグレードアップし、ビュアー式にした装置です。
* ビュアー式を採用し、溶融確認が容易に行えます。
*溶融状態を数人で確認できます。