トップ  >  ガスクロマトグラフ  >  ガスクロマトグラフ YX8000


ガスクロマトグラフ YX8000シリーズ

特徴
◎CLEAN ECD搭載  ◎キャピラリーカラム分析  ◎PCB分析対応  ◎タッチパネル操作設定

これまでのYX7000シリーズの性能をさらに高め、注入口、恒温槽冷却機構、タッチパネル操作、流量・圧力制御ユニットが新しくなりました。
YX8000-Eは、「絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(第1版)」に記載されたGC-ECD法に適用可能製品となります。
上記マニュアルに記載されたキャピラリーカラムを用いた昇温分析と大量の測定サンプルを分析するために、“クリーンECD”線源メンテナンスフリーの検出器構造を持つ「ヤナコ独自の特徴を活かした信頼性の高い製品」となります。

YX8000-Eが適用可能な分析法は?
「2,1,2 加熱多層シリカゲルカラム/アルミナカラム/キャピラリーガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出器(GC/ECD)法 」(環境省マニュアル記載)となります。

分析仕様 : YX8000-E (クリーンEC検出器搭載) キャピラリーカラム分析用
試料導入部 : キャピラリーカラム用注入口 (スプリット/スプリットレス)
恒温槽 : 室温+10 〜 450℃ 冷却機構付
カラム : 5%フェニルメチルシリコン 内径0.25mm x 30m 膜厚0.25μm 推奨 5系統MS 仕様
キャリアガス : ヘリウム 純度99. 999%以上
付加ガス : 窒素  純度99. 999%以上
検出器検出下限 : 0.015 μg / mL PCB-MIX 標準試料
試料注入量 : 2 μL

上記分析方法において、測定結果が0.5 mg / kg のPCB濃度は、注入サンプル濃度では、0.2 μg / mLとなります。0.05 μg / ml ( 0.125 mg / kg ) が検出可能であることが装置条件となります。
PCB標準溶液は、KC-MIX ( KC-300, KC-400, KC-500, KC-600 ) 1:1:1:1 の等量混合トルエン希釈となります。
サンプル前処理についてはマニュアル記載の方法を御検討下さい。

分析条件例
注入口温度 250℃  検出器 320℃ 
オーブン温度 100℃(1分保持)-(30℃/分)-160℃-(5℃/分)-300℃(3分保持) プログラム時間35分
キャリアガス 1.5ml 定流量 スプリットレス2分 スプリット比1:10〜30
検出器条件 メークアップガス50〜70ml/分、 アイオニゼーションガス10〜30ml/分、 レンジ 1、電圧設定 2上記分析条件を参考に絶縁油中の微量PCB簡易測定が可能です。

ユーザー様で分析条件、前処理方法などを変更される場合は、マニュアルに従って精度管理を行って正しい数値結果が出るようにして頂くようにお願い致します。



前のページ
高感度微量還元性ガス分析計 TRA-1000
カテゴリートップ
ガスクロマトグラフ
次のページ
ガスクロマトグラフ YX2700
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker