トップ  >  原子吸光分析装置  >  イオントラップ型LC/MSnシステム


リニアイオントラップ型の新機種LXQが発売されました。LTQもLTQ XLにグレードアップし、LCQ Fleetを合わせて3機種のラインナップとなり、従来以上に目的・予算に応じた機種選択が可能となりました。
シングルMSでは判別不能な複雑なマトリックス中の複数化合物の同時溶出時にも、採取したMS/MSスペクトルから確度の高い同定を行うことができます。また、均質なMS/MSスペクトルを得ることが可能となり、世界初のMS/MSライブラリサーチを可能にしました。全ての機種に搭載のIonMAXソースは汚れに対して堅牢で、またESI・APCI・APPIの切替時にツールは一切不要です。プローブをXYZ方向に位置調整が可能で、あらゆるアプリケーションに対応できます。

【仕様】
●質量範囲
 LTQ XL:50〜2000,200〜4000
 LXQ:50〜2000,200〜4000
 LCQ Fleet50〜2000,200〜4000
●新設計:イオンマックスソースESI/APCI/APPIインターフェイス
●多段階MS/MSn n=10
●自動分析:
 Data Dependent Scan
 DynamicExclusion
●各種ソフトウェア:
 Xcaliburソフトウェア
 MassFrontier
 Proteome Discoverer
 MetWorks
 ToxID



前のページ
高分解能二重収束型質量分析計
カテゴリートップ
原子吸光分析装置
次のページ
トリプル四重極型LC/MS/MSシステム
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker