トップ  >  その他  >  FT-lRパージガスジェネレータ

炭酸ガスリムーバによりC02 1ppm以下を実現
発生量に応じた3機種
 75−45JA−100 (Max.17リットル/min)
 75−52JA−100 (Max.34リットル/min)
 75−62JA−100 (Max.102リットル/min)
(写真は左から 52JA、62JA、45JA)

特徴
C02や水蒸気を除去しFT-IR測定装置に最適。
コアレッシングヂルタにより0.01um以上の微粒子をカット。
圧縮空気の露点は−73℃を維持。
ビームスプリツタの水分による装置内部の腐食を保護。
終日の連続運転が可能。
※水分が除去された圧縮空気源が別途必要です。

実証済みの技術
Parker Balston FT-IRジェネレータは、FT-IR分光光度計用として圧縮空気よりパージガスおよびエアベアリング用のガスとして精製供給するものです。
得られる精製空気は二酸化炭素を1ppm以下に保持し、−73℃の露点で水蒸気もカットいたします。
この装置は連続長期間運転のもとに設計されておりますので安全でボンベ交換の不便なわずらわしさを必要としません。
Parker BaIston FT-IRジェネレータは、きれいなバックグラウンドスペクトルが短時間で得られ、S/N比が高いため正確度が向上いたします。多くの場合 投資額は約1年で回収が見込めます。



前のページ
ゼロエアジェネレータ
カテゴリートップ
その他
次のページ
光透過式黒煙測定器 オパシメータ
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker