トップ  >  その他  >  ゼロエアジェネレータ

ヒーターモジュールにより有機成分を除去
用途に合わせて5機種
75−83JA−100 (最大1000cc/min)
HPZA−3500JA−100 (最大3500cc/min)
HPZA−7000JA−100 (最大7000cc/min)
HPZA−18000JA−100 (最大18000cc/min)
HPZA−30000JA−100 (最大30000cc/min)
(写真 左はHPZAシリーズ 右は75−83JA−100)

特徴
圧縮空気より超高純度のゼロエアを製造。
HPZAシリーズはTHC濃度が0.05ppm。
GC−FIDに使用することにより分析の高感度化を実現。
コンパクトな設計によりベンチトップ仕様。
ランニングストが抑えられユーザーメンテナンスが容易。
可動時の騒音がなく1回/年のメンテナンスが容易。

概要
Parker Balstonのゼロエアジェネレータは圧縮空気よりハイドロカーボンフリーの高純度ゼロ・エアを精製することができます。
設置調整作業・操作・メンテナンスも容易に行え長期間にわたって良好なパフォーマンスを発揮いたします。
また内蔵されている加熱触媒モジュールはハイドロカーボンの酸化・除去をを行い、ドレイン付きのプレフィルタがオイル、水分、微粒子の除去を行います。
長期間の連続運転におきましてもハイドロカーボンがメタン換算で0.05ppm以下(75−83と30000は0.1ppm以下)に抑えているためGC検出器用として十分な性能を発揮いたします。



前のページ
コンプレッサ内蔵型 メンプレン式窒素ガス発生装置
カテゴリートップ
その他
次のページ
FT-lRパージガスジェネレータ
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker