トップ  >  その他  >  コンプレッサ内蔵型 メンプレン式窒素ガス発生装置

可動型にて液体クロマトグラフ質量分析装置用として最適
型名:ナイトロ・フロー・ラボ < Nitro Flow Lab >

装置の特徴
最大流量:30リットル/min
従来のボンベやデュウービンに比べて経済的で便利。
ESIやAPCI質量分析装置のスプレーガスとして理想的。
内臓コンプレッサは8000時間あるいは2年間の保証。
特殊設計により運転時の低騒音化を実現。
コンパクトな設計で手軽に移動が可能。
ランニングストが抑えられユーザーメンテナンスが容易。

概要
Parker Balstonの窒素ガス発生装置ナイトロ・フロー・ラボは、最大供給圧力0.8MPa窒素ガスを精製することができるコンプレッサ内蔵型メンブレン方式です。
ろ過技術および分離中空糸膜技術を応用し、吸引用コンプレッサと突出用コンプレッサとの組み合わせにより安定した窒素ガスが確保できます。
室内の空気を吸引フィルターを通してろ過し有機微粒子成分と不純物を取り除きます。これを吸引用コンプレッサにて吸引されたガスはメンブレン式分離膜へと導かれます。
ここで窒素ガスと酸素ガス+水分とに分離され、メンブレンを透過してくる窒素ガスだけを突出用コンプレッサにて加圧送出されます。
この装置は噴霧器用ガスとして、薬品や溶剤の蒸発用として、計装機器のパージ用として多用途にわたるガス供給源としてご使用いただけます。

タッチスクリーンパネルにて設定が容易
窒素ガス流量・圧力の設定が可能です。
酸素濃度を設定して窒素純度を設定することができます。
圧力表示・流量表示が直読できます。
メンプレン内やポンプ突出の圧力も表示できます。

コンプレッサは8000時間あるいは2年間の動作保証



前のページ
超高純度窒素ガス発生装置
カテゴリートップ
その他
次のページ
ゼロエアジェネレータ
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker