トップ  >  ガスクロマトグラフ  >  液化炭酸中油分測定システム GAL−202シリーズ

食品添加物用炭酸ガス中の不純物成分の一つに高沸点潤滑油成分(油分)があります。従来、赤外分析法にて測定されていましたが、有機溶媒を使用した煩雑な前処理が必要であり、また測定に長時間を要する等、非常に面倒な分析法でした。それに代わる測定法としてガスクロマトグラフ法が開発され、サンプルガス濃縮による微量測定、昇温GC法による分析時間の大幅短縮等、完全自動化を実現しました。

【特徴】
・ガスクロマトグラフ法により、濃縮からGC測定まで全工程自動測定が 可能です。
・濃縮法により、ppmレベル以下の微量測定が可能です。
・90分以下の周期で連続測定が可能です。
・パソコンタイプのデータ処理装置により、測定結果を一覧表にして表示します(オプション)。



前のページ
鋼材中水素測定システム JTF-20Aシリーズ
カテゴリートップ
ガスクロマトグラフ
次のページ
微量全イオウ測定システム GTS-201シリーズ
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker