トップ  >  ガスクロマトグラフ  >  EOG濃度計 GC216


EOG濃度計は、滅菌装置内のエチレンオキサイド濃度を自動測定する装置です。
測定にはガスクロマトグラフ方式を採用していますので、水分、炭酸ガス等の共存ガスの影響を全く受けずに精度良く測定できます。

【EOG濃度計の特徴】
1. 検出器には安定性の良い熱伝導度型検出器(TCD)を使用しています。
2. データ処理装置はガスクロマトグラフ用の汎用データ処理装置を使用しています。
3. 10分以内の周期で測定が可能です。
4. 標準ガス流路とサンプル流路がワンタッチで切り換えられます。



前のページ
医療用ガス分析計 GC202
カテゴリートップ
ガスクロマトグラフ
次のページ
ガスクロマトグラフ用オートサンプラ AS2000/HS2000
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker