トップ  >  高感度エチレン分析計(野菜工場等)  >  エチレン分析計 VFCL-200

本分析計は、三菱重工業(株)殿との共同研究により開発された化学発光式エチレン分析計で、エチレンとオゾンの化学発光を利用し、独自の技術プレミキシング型CLD(実用新案登録)を加えることにより、青果物から発生するエチレン濃度を、高感度かつ連続的に測定します。

【エチレン分析計の特徴】
1. 高感度レンジ0〜0.1ppm。従来不可能であった極低濃度(ppb単位)の測定が可能です。
2. ガスクロマトグラフ法などのバッチ測定と異なり、瞬時連続測定です。
3. プレミキシング型CLDによりNOの影響を受けずに測定可能です。
4. ゼロガス発生器を標準装備し、常時ゼロ点を補正しながら測定しますので、原理的にゼロドリフトを生じません。
5. スパン感度の自動校正機能を標準装備していますので、人手を要せずに長期の無人連続測定が可能です。
6. パソコン用通信機能装備可。(オプション)



カテゴリートップ
高感度エチレン分析計(野菜工場等)
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker