トップ  >  水質自動測定装置  >  全クロム自動測定装置 TCR-608

本装置はJIS法による過マンガン酸カルシウムを加えて加熱処理した後、ジフェルニカルバジド吸光光度法による全クロム測定法を全自動化したもので、全クロムの測定に幅広く試用できます。

【六価クロム自動測定装置の特徴】
1. 測定ごとに自動ゼロ点補正を行っており、低濃度の全クロムおよび六価クロムの測定が高精度で測定できます。
2. 全クロムおよび六価クロムの測定が短時間で同時にできます。
3. データ印字は、測定値、測定値バーグラフ等、装置の異常箇所も自動印字する自己診断印字も備えています。



前のページ
フェノール自動測定装置 PNL-780/PNL-780D
カテゴリートップ
水質自動測定装置
次のページ
六価クロム自動測定装置 CR-680
Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
≪取扱メーカー≫
アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker