トップ  >  水質自動測定装置  >  シリカ自動測定装置 SIO-780

本装置は、JISB8224に基づきシリカ測定を全自動化したもので、約10分周期の測定が可能で、ポイラ補給水製造用イオン交換装置からのシリカリーク及びポイラ水中のシリカ濃度を連続測定可能な為、ポイラの維持管理省力化に最適です。

※JIS B8224[モリブデン青吸光光度法]に準拠

シリカ自動測定装置の特徴

  • シリカを低濃度から高濃度まで、10分程度で測定可能です。
  • 長期安定測定を可能にした独自の検出システム!   検出部(吸光光度計)は、実続のある二光路ドリフト補正方式と長寿命の単一波長LED光源で構成されており、シリカ測定専用に最適化された設計です。
  • 測定値、測定値バーグラフ等の他、装置の異常箇所も表示及び自動印字する自己診断機構も標準装備しています。
  • 試料の採水には負圧吸引方式を採用!
    ろ過フィルタを内蔵した試料水槽から負圧吸引により試料のサンプリングを行います。また、試料及びエアーによる逆流洗浄を測定毎に行うことにより配管内部に試料液を残しませんので、S S等の汚濁成分を含む試料によるトラブル(流路閉塞等)が生じずメンテナンスが低減され、長期的な性能維持を可能にしています。/li>

標準仕様


測定原理

一定量の試料を温度調整後、モリブデン酸アンモニウムと酸性条件で反応して生成するヘテロポリ化合物(ドデカモリブドけい酸)をL−アスコルビン酸で還元してモリブデン青に変え、その吸光度を測定してシリカを定量します。

オプション

  • 試料水槽(硬質塩化ビニール製)
    試料水断フロートスイッチ、SUS製100メッシュフィルタ付
  • 2系列測定機構
    任意の測定範囲で2系列の試料測定が可能(諸条件により最大4系列まで可能)
  • 濃厚廃液回収機構
  • ゼロ液精製器
    水道水を純水に清製後、洗浄水及び希釈水として使用します
  • USBメモリ機能
    測定データを汎用のUSBメモリにテキスト形式(CSV形式)でデータ収集可能



  • 前のページ
    ヒドラジン自動測定装置 HZ-680
    カテゴリートップ
    水質自動測定装置
    次のページ
    水質自動監視装置/主調整槽 WPM-800/WJ-7
    Yanaco テクニカルサイエンス 環境計測機器・LABO製品
    ≪取扱メーカー≫
    アナテック・ヤナコ ヤナコ機器開発研究所 GTRテック ヤナコ計測
    ヤナコ分析工業 ジェイ・サイエンス・ラボ サーモフィッシャーサイエンティフィック アワーズテック Parker